アメコミ映画「デッドプール」の試写会に行ってきた

 

どうも、覆面かぶって早一年、覆面パンダです!!

 

あの世界で人気爆発中のアメコミ映画「デッドプール」。

2016年の5月14日(土)にその日本上陸に先駆けて行われた爆音試写会に私、覆面パンダが行ってきました。

 

事の起こりは先月。

 

た、たいへんだよパンダちゃん!
覆面パンダ
なんだい嫁。
デ、デッドプールの試写会が当たっちゃった!
覆面パンダ
デッドプールって何?なんかのイベント?
アメコミヒーローの映画だよ!ツイッターで応募したら当たっちゃったんだよ!
覆面パンダ
な、なんだってーーー!!!

 

ってなわけで、今回アメコミ映画「デッドプール」の試写会に行ってきたので、
それをレポートいたします。

 

デッドプールとは

20160515053433

デッドプールは「X-MENシリーズ」のスピンオフ作品の一つで、
主人公は「X-MENシリーズ」に登場する傭兵の一人として知られるデッドプールというキャラクター。

あらすじ

ウェイド・ウィルソンという元特殊部隊の男は退役後傭兵として、賞金を稼ぐ生活を送っていました。

そんなある日、彼は娼婦のヴァネッサという女性と出会い恋におちます。

同棲生活を経て、結婚を約束し幸せの絶頂の中、彼は突然倒れてしまいます。

彼は全身を癌に侵されていたのでした。

そんな彼に怪しげな組織から声がかかります。

「病気が治せるからある実験に協力しないか?」といういかにも怪しい誘いをうけたウェイド。

彼女ともう一度幸せな生活を送るために、人体実験を受ける覚悟を決めたウェイドは彼女に別れを告げずいなくなります。

彼が連れてこられたのは余命宣告をされた者たちが人体実験を施され、戦闘マシンとして売られるという施設でした。

そこでの実験により驚異的な回復能力と不死身の肉体を手に入れたウェイド。

しかしその副作用で、全身の皮膚はただれ、見るも無残な姿に。

そして彼は人体実験をした施設で大暴れし、自分に実験を行ったエイジャックスという男と戦い、逃亡。

ガンを克服したウェイドですが、人と見れない姿のままでは彼女のもとに帰れない。

姿を隠すためにマスクを彼は元の姿に戻してもらうためにエイジャックスへの復讐劇を始めるのです。

 

という感じのお話しがパンフレットにも書いてあり、ここから先のお話は映画でチェックです。

結構シリアスなお話なのですが、いかんせん主人公のデッドプール自身の言動がとにかくいい意味でイカれてて、お喋りで軽口をたたきまくっているので、お話しなんか関係ないレベルで面白いんです。

 

デッドプールってこんなやつ

20160515053405

・世界や人類の平和のためではなく、自分のために戦う自己中。
・元特殊部隊で、様々な格闘技術を身に着けている。
・大好物はチミチャンガ。
・Twitterで唯一フォローしているのは「ハローキティ」グッズもいくつか所有。
・どんな時でも下ネタ全開でとにかく喋りまくる。
・主な移動手段はタクシー、しかも基本は無賃乗車。
・X-MENに入るよう勧誘されているがバックレている。
・第4の壁を越えられる(読者・観客を認識して話しかける、メタ的発言をかます)キャラクター。

お金次第で敵にも味方にもなるアンチヒーローなので、アメコミヒーローの中でも相当に異色なキャラクターのようなんですね。

 

オープニング興行収益が新記録を樹立

20160515053418

そんなぶっ飛んだデッドプールが主役なので、過激な描写や発言の内容もあってこの映画実は「R15指定」なんです。

にも関わらずなんと、全米では驚異的な大ヒットを記録。

オープニング興行収入が、「アバター」や「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」を越えて
なんと20世紀FOX史上最高の成績を達成したんだとか。

また、「R指定」の映画としても「マトリックス リローデッド」(2003年)の7億4210万ドルを抜いて、史上最高の世界興行収入を記録するなど、とてつもない映画なんですこれ。

 

試写会in立川に行こう

 

そして、今回試写会に行ってきたのですが、

 

じゃあ夫婦で仲良く見に行っちゃいましょうか♪
覆面パンダ
そうだね♪

 

って感じのノリでいたんですわ。

 

しかし僕たち夫婦は気づいていなかった。

このチケットは一人分だということに・・・ッ!!!

 

当日、

 

あれ・・・・?

 

覆面パンダ
どうしたんだい

 

これってよくよく考えたらツイッター1アカウントなんだからチケットも一人分じゃない・・・?

 

覆面パンダ
あ、そうだね

 

・・・・・

 

覆面パンダ
・・・・・

 

ちょっと奥で話し合おうか

 

覆面パンダ
そうだね

 

暴力で語り合う平和的解決を経て、僕が行くことになりました。

 

そして立川へ

伝説の町、立川へ見参!

伝説の町、立川へ見参!

とある科学の超電磁砲というアニメの聖地、立川市に馳せ参じました。

 

20160518072523

おしゃんてぃ!!

立川のコトブキヤに到着!

 

オシャんティ!!

オシャんティ!!

そこでチケットを手に入れる僕。

 

チケットを手に入れた僕はそのままスタッフさんの指示に従うまま、「シネマツー」という映画館へと向かいました。

これまたオシャんティー

これまたオシャんティー

オシャレですね。立川ですね。

 

そしていよいよ試写会会場へ突入・・・!!!!

そしていよいよ試写会会場へ突入・・・!!!!

エスカレーターを上がり、ドキドキの中、ついに試写会会場に足を踏み入れる覆面パンダ。

 

そこで僕はおよそ約110分のスペクタクルな冒険を目の当たりにする・・・っ!!!

 

どんな内容かは映画館で・・・・!!!!

 

まとめ

試写会を終えた感想を一言で表すと「めっっちゃくちゃ面白かった」の一言に尽きますね。

 

銃撃戦や格闘戦などのアクションシーンが半端なくカッコいいのもありますが、それ以上にデッドプールをはじめとしたキャラクターの口の悪さや下ネタ発言・言葉のチョイスのセンスがおもしろ過ぎてやばかったです。

 

アメコミのパロディなど小ネタも満載過ぎて、ホントに最高でした。

アクションシーンが半端ない「TED」って感じでしたね。

 

ちなみに映画を見るときにパンフレットっぽいのも貰えてちょっとハッピーでした。

写メって画像に使わせてもらいやした

写メって画像に使わせてもらいやした

嫁へのお土産にしよう。

 

 

今回は僕だけ見に行っちゃった形ですが、これはぜひもう一度嫁を連れて見に行きたい!

 

そんなデッドプールは6月1日(水曜日)に上映開始なので、皆さんぜひ見に行っちゃいましょう!!

ちょっとでも気になった方は公式サイトをチェックやで!

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

覆面パンダ

スポンサードリンク

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです♪