鬼太郎茶屋で新年から目玉のおやじを食べてきた

鬼太郎茶屋の目玉のおやじ

この記事を書いている人 - WRITER -


ちょびっとな笑いをお届けしたいパンダの覆面を被ったやんちゃな夫婦でございます。
旦那は嫁と筋トレをこよなく愛するWEB系野郎、その名も「覆面パンダ」
妻はハンドメイドアクセを作る魔性のウーマン、その名も「パンダ嫁」
詳しいプロフィールはこちら

覆面パンダ夫婦

 

これは、2016年、新年が明けたばかりの夢でした・・・

 

???
覆・・パン・・よ・

 

覆面パンダ
ん・・なんだこの声は・・

 

???
覆面パンダよ・・・

 

覆面パンダ
え・・!?
僕の心に語りかけているの・・??

 

???
そうじゃよ・・・

 

覆面パンダ
あっ・・あなたは!?

まさか・・

 

目玉のおやじ

そう・・・昭和時代のリアル妖怪ウォッチ・・

目玉のおやじじゃよ・・・

 

覆面パンダ
と・・とうさん・・・!!

 

目玉のおやじ

覆面パンダよ・・・
おぬしの心は汚れておる・・・

このままだと、今年もお主はただのクズになってしまう・・・

 

 

覆面パンダ
そ・・そんな・・
ど、どうすればいいんですか!?

 

目玉のおやじ

ワシを・・・
ワシを食べに『鬼太郎茶屋」にくるんじゃ・・・

さすればお主の心は浄化される・・・

覆面パンダ
鬼太郎茶屋!?
そ、それはどこにあるんですか!?

 

目玉のおやじ
鬼太郎茶屋は
〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8
※深大寺門前
にあるんじゃ・・・

 

覆面パンダ
調布の深大寺・・・
僕に・・・果たして辿り着けるのでしょうか?

 

目玉のおやじ
大丈夫じゃ・・・

目玉のおやじ
ちなみにアクセスは、
電車を利用の場合
■京王線
1.「つつじヶ丘駅」北口より京王バス《深大寺行》終点横 約12分
2.「調布駅」北口より京王バス《深大寺行》終点横 約10分
3.「調布駅」北口より京王バス又は小田急バス《三鷹・吉祥寺方面行》利用
>> 「深大寺入口」又は「深大寺小学校」バス停下車、徒歩5分

■JR中央線
1.「三鷹駅」「吉祥寺駅」南口より京王バス又は小田急バス《調布駅北口行》利用
>> 「深大寺入口」又は「深大寺小学校」バス停下車、徒歩5分

目玉のおやじ
車を利用の場合
■中央高速
1.「調布インター」下車 国道20号から武蔵境通り左折
※有料駐車場をご利用下さい 1日/700円

目玉のおやじ

気をつけてくるんじゃぞぉ

待っておるぞぉ・・・

 

覆面パンダ
な、なんて具体的にナビしてくれるんだ・・・
さすが・・・妖怪ウォッーー

 

 

覆面パンダ
はっ・・・!!

ゆ・・夢か・・・
こうしちゃいられない・・・!!

 

 

ってなわけで僕は心の汚れを浄化するために、新年の初イベントとして、
嫁を連れて、調布の深大寺にある、「鬼太郎茶屋」に行ってきました。

 

さっそく紹介しちゃうよ!!
ひゃっはーーー!!

 

鬼太郎茶屋とは?

これが鬼太郎茶屋です

長い間日本人に親しまれて来た「ゲゲゲの鬼太郎」の作品の底に流れるテーマである「自然との共存」。

人や妖怪、鳥や動物や虫たちといった地球上に住むすべての生き物との共存が表現された「水木ワールド」を
水木しげる先生の第二の故郷でもある東京の調布市「深大寺」門前に 再現したのが「鬼太郎茶屋」です。

 

壁には妖怪の絵や下駄が置いてあったり・・・!

壁には妖怪の絵や下駄が置いてあったり・・・!

「鬼太郎茶屋」は、なんと築40年余りの木造建築で、

「ほんとに妖怪がいるんじゃないか?」

と思わせてくれるまさに趣満載の雰囲気のお店なんです。

 

1階には「妖怪ショップ ゲゲゲの森」と「妖怪喫茶」があるんです

所狭しと並ぶグッズ!

所狭しと並ぶグッズ!

「妖怪ショップ ゲゲゲの森」ではここでしか手に入らない限定グッズも販売されており、
ファンにはたまらないお店になっております。

世はまさに妖怪戦国時代!!

世はまさに妖怪戦国時代!!

僕が行ったときは、「妖怪福箱」が販売されておりましたが、
買ったら何が起こるかわからなかったので、購入は断念しました。

ちなみに通販でも妖怪グッズは買えちゃいます♪

水木プロ公式オンラインショップ「妖怪本舗」

 

また、「妖怪喫茶」にはレトロな「丸いちゃぶ台」がお座敷にあり、
ガラス障子にはユーモラスな妖怪たちが映り込んでいます。

kitachaya1

さらにオリジナルの妖怪メニューは一度食べてみる価値ありですよ♪

●一反もめんの茶屋サンデー(抹茶・黒みつ)
●目玉おやじの栗ぜんざい
●ぬり壁のみそおでん

この3種類は要チェックです♪

 

2階には「癒しのデッキ」と「妖怪ギャラリー」があなたを癒す♪

 

「癒しのデッキ」は2階の窓から見える深大寺の眺めがとても素晴らしく、
都会の喧騒に疲れた方は是非ここで一服しながら心をヒーリングしちゃいましょう。

外にはあのぬりかべさんが・・・!!

外にはあのぬりかべさんが・・・!!

 

「妖怪ギャラリー」
水木先生が描いた貴重な妖怪画や「妖怪日本地図」とともに、
妖怪たちの世界と「水木ワールド」を心いくまで感じられることができるハイパーな空間です。

kitachaya4 kitachaya9

 

そして注目なのが「目玉のおやじ団子」

 

そして・・・

「鬼太郎茶屋」一番の目玉と言っても過言ではないのが

「目玉のおやじ団子」

 

鬼太郎茶屋の目玉のおやじ

 

な、なんという存在感・・・・

 

目玉のおやじ、現る

ようやく会えたな覆面パンダよ・・・

 

 

増殖する目玉のおやじ

さぁ・・・わしを買うのじゃ・・・
500円じゃぞ・・・

 

そして僕は何も言わず、導かれるように財布からお金をおもむろに差し出した。

 

 

炙られる目玉のおやじ

スタッフのおねぇさんがワシを炙ってくれるので、
しばし待つのじゃ・・・

 

そして炙られる目玉のおやじ

 

 

迫る目玉のおやじ

さぁ・・・わしを食べるのじゃ・・・
ちなみに、この目の部分は食紅で、黒い部分は炭なので安心せい・・・

 

 

覆面パンダ
う、うわあああああああああああ!!!!!!!!!!!僕は!僕はああああ!!

 

 

覆面パンダ
パクっ

 

 

 

深刻なダメージを負った目玉のおやじ

そう、それでよい・・・

これ・・で・・・

お主の心の汚れは・・・浄・・・化・・された・・・

2016年・・・頑張れ・・・

 

 

覆面パンダ
と、とうさぁぁっぁぁぁぁああんn!!!!!

 

 

まとめ

 

こうして僕らは、鬼太郎茶屋を後にした。

ありがとう鬼太郎茶屋。

 

そしてありがとう。
目玉のおやじ。

 

妖怪茶屋に興味がある人はぜひ公式サイトをチェックズラ♪

http://www.youkai.co.jp/index.php/category/chaya

 

今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに深大寺でおみくじを引いたら「大吉」でした。

 

この記事も皆さんに愛されています

さぁ、世界を救おう。Amazonで話題の「勇者の剣」と武器まとめ

2015.09.05

サザエさんのタイトルが面白すぎる!センス高めな題名をまとめてみました

2015.07.09

「目の疲れ」をスッキリ解消!対処方法と厳選オススメグッズ

2015.07.01

きれいなジャイアンに会おう!藤子・F・不二雄ミュージアムに潜入!

2015.06.26

スポンサーリンク

鬼太郎茶屋の目玉のおやじ

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです♪