「SUZURI」の中の人にお礼を伝えたくて会ってきたっていうお話し。

 

 

どうも、最近お絵かきにハマっている愛の奴隷、パンダ(@haikeifukumen)です。

 

 

突然ですが、みなさん、SUZURI(スズリ)を知っていますか?

 

 

SUZURIというのは超簡単に自分のオリジナルグッズが作れて、しかも販売もできるという最高にゴキゲンなサービスなんですね。

ちなみにココでげす

 

 

ちなみに僕も今年、嫁の誕生日プレゼントグッズを作成した時はすごくお世話になりました。

簡単にサプライズ!【SUZURI】で嫁にオリジナルパーカーを作ってプレゼントしてみた

2017.03.20

ちなみにその時嫁にプレゼントしたのはこのパーカー

 

 

そしてその時Twitterで、マスコットキャラクターであるスリスリくんが僕たちの記事を見てこういってくれました。

そう、その通りだよスリスリくん…!

いやほんとありがとうございますだよスリスリくん。天元突破だよスリスリくん。

 

僕は感謝の言葉を述べたかった。SUZURIとスリスリくんに。

 

 

SNS全盛のこのご時世、ふつうにメッセージで感謝の言葉を送れよって話ですが…

 

 

SNS全盛のこのご時世だからこそ直接会って感謝の言葉を伝えたい…!!

 

とはいえSUZURIは巨大なサービス、そしてスリスリくんは2次元でしかお話しできない存在。

 

さすがに僕も次元の壁は突破できない。

 

巨大なサービスに一個人がメッセージを送ったところで届くかどうかわからない…!!

 

 

そう悶々していて、ふと思いつきました。

 

覆面パンダ
そうだ、ダメ元で、中の人に会って感謝の言葉を伝えよう。

 

 

ってなわけで、今回はSUZURI(スズリ)の中の人に会ってきました。

 

マジでただ会ってきただけなので興味がない方はすぐに離脱してちょ

 

 

場所は渋谷のとある中華料理屋

 

色々なすったもんだを経て、SUZURIの中の人と会う約束を取り付けたパンダ。

 

二人が会いまみえる場所は、約束の地、渋谷の某場所にある中華料理店「東亜飯店」。

なぜ、このお店になったかというと、偶然にもSUZURIの中の人と行きつけのお店が被っていたからなんでやんす。※本当に美味しいんですよねここ。好きです。

 

 

WEBの世界で生きる2匹の虎が会いまみえるのには、まさにふさわしい…っ!!

 

 

そして当日。東亜飯店前にて。

 

 

覆面パンダ
お店についたけど、SNSでしかやりとりしたことないからどんな人かわからないな~

 

 

 

あたかP
もしもし、もしもし

 

 

 

覆面パンダ
はっ!?

 

 

覆面パンダ
後ろ!?

 

 

 

 

 

あたかP
あなたが、僕に連絡をくれた、覆面パンダさんですか?

 

覆面パンダ
はっはい…!

 

 

あたかP
今日はご連絡いただきありがとうございました!

 

 

覆面パンダ
きょ、恐縮っす…!!

 

 

 

お名前:あたかP

株式会社GMOペパボが運営するサービス、SUZURI(スズリ)の中の人。
笑顔がステキなシャツが似合うGOODGAY。たぶんえらい人だと思う。

 

 

あたかP
パンダ…さん、とお呼びすればいいでしょうか。

 

 

覆面パンダ
はっ、はいっ…!

 

 

あたかP
ではさっそくご飯でも食べましょうか

 

 

僕とあたかPとのランデブー

 

そこから始まる僕とあたかPとの二人だけの時間。

 

 

ここで書けないこともあるので、ざっくり話すと

 

とりあえず自己紹介から、SUZURIのお話し、お互いのお仕事、プライベート、恋バナ、お互いの嫁がハロプロファンだった、などなど…

 

とにかくガールズトークならぬボーイズトークに花を咲かせた僕たち。

 

 

とても楽しい楽しい時間でした。

 

短い時間でしたが、強く感じたのが、あたかPから伝わってくるSUZURIへの愛…っ!!

 

 

覆面パンダ
今日はごちそうさまでした。そして倦怠期を救ってくれたスリスリくんにもよろしくお伝えください

 

 

あたかP
いえいえ、またご飯でも食べに行きましょう

 

 

 

覆面パンダ
そうですね!

 

覆面パンダ
じゃぁいきますか。

 

 

あたかP
? どちらへ?

 

 

 

覆面パンダ
いや、SUZURIのオフィスに。

 

 

 

あたかP
あーーー。

 

 

覆面パンダ
実は僕、あたかPさんと会えるから興奮しすぎて今日、仕事バックレてきたんですよね。

 

 

あたかP
本当ですか。それは勢いすごいですね。

 

 

 

覆面パンダ
そうなんですよ。じゃあ行きましょうか。

 

 

あたかP
いやぁ

 

 

 

あたかP
パンダさん

 

 

 

覆面パンダ
はい

 

 

 

あたかP
ごめんなさい。急すぎて無理です!笑

 

 

 

 

まとめ

 

今回はSUZURIの中の人に感謝を伝えることができてよかったです。

 

本当にお忙しい中、ネットでしかやり取りしたことがない得体のしれない覆面かぶった人間と会っていただきありがとうございました。

 

やはり一線で戦っているデキる熱い猛者と話すだけで、モチベーションやビジネス熱がこう、何かふつふつと湧き上がってきますね。

 

あと、あたかPからはこんなプレゼントももらってしまった…!

 

ありがとう、あたかP…!

 

 

つまり何が言いたいかと言うと、

 

 

 

 

好きです

 

 

 

あなたにこの記事も見てほしい

【後編】NASUのアートディレクター前田高志さんをインタビューしてみた

2016.12.18

【前編】NASUのアートディレクター前田高志さんをインタビューしてみた

2016.12.04